植木枝盛集  第7巻 (日記 1)

家永三郎 ほか編

民権運動に挺身して、全国にわたって行なった遊説や組織活動を丹念に書きとめた枝盛の日記は、自由民権史研究の一級史料であり、同時に彼自身の赤裸々な人間性を大胆に告白した記録としても興味深い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 植木枝盛日記1(植木枝盛伝
  • 明治6年〜明治17年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植木枝盛集
著作者等 植木 枝盛
書名ヨミ ウエキ エモリ シュウ
書名別名 日記

Ueki emori shu
巻冊次 第7巻 (日記 1)
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.2
ページ数 358p
大きさ 20cm
ISBN 4000915673
NCID BN04407741
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90023407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想