戦争の犠牲者たち

ダニエル・ラング 著 ; 内山敏 訳

1966年11月、ベトナム。五人の米兵が索敵行動の任務をうけて192高地の偵察に向った。ミザーヴ、クラーク、ラッフェ、マヌエル、そしてエリクソン。いずれも20歳から22歳の若い兵士であった。出発前に、隊長のミザーヴは訓示の中でこう言った。隊の士気のためにベトナム娘を連れていくと。それは冗談ではなかった。彼らは一人の娘をむりやり連行し、輪姦したあげく、証拠湮滅のために惨殺した。ただ一人、この犯罪に加わらなかったエリクソンは、戦友との絆と自らの良心の間で苦悩するが、ついに四人の戦友を軍法会議に告発することを決意する…。戦場ではごく「日常的」な事件が一人の青年に強いた内面の葛藤と、その後の裁判の模様を克明に描くことによって、戦争と個人の倫理のかかわりを抉り出した、記録文学の秀作。シドニー・ヒルマン基金賞受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争の犠牲者たち
著作者等 Lang, Daniel
Lang, Daniel George
内山 敏
ラング ダニエル
書名ヨミ センソウ ノ ギセイシャタチ
書名別名 Casulties of war

ベトナム192高地虐殺事件
出版元 草思社
刊行年月 1990.2
版表示 〔新装版〕
ページ数 166p
大きさ 20cm
ISBN 4794203691
NCID BN04880681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90021793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想