動物は何を考えているか

ドナルド・R.グリフィン 著 ; 渡辺政隆 訳

動物は思考力のないロボットである。その行動は遺伝的なプログラムによってすべて決められている…このデカルト流機械論を生物学者たちはかたくなに標榜してきた。しかし、動物たちは驚くほど柔軟な行動をする。ならば、動物にも思考力があるとしてみたらどうか。動物行動の世界的権威なればこそ発しえたこの提言をきっかけとして、動物行動学、行動生態学、動物心理学、神経生理学等々の垣根が取り払われ、フィールド・ナチュラリストたちの活動を制限していた拘束着が捨て去られた。動物の行動研究に大いなる可能性を開いた記念碑的著作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 動物は何を考えているのか
  • 他者
  • 生きるために
  • 食べる者と食べられる者
  • 加工物と鋳型
  • 道具とその製作
  • 科学的な証拠
  • 動物の心の窓
  • 象徴的コミュニケーション
  • 生まれながらの心理学者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物は何を考えているか
著作者等 Griffin, Donald Redfield
渡辺 政隆
グリフィン ドナルド・R.
書名ヨミ ドウブツ ワ ナニ オ カンガエテイルカ
書名別名 Animal thinking

Dobutsu wa nani o kangaeteiruka
シリーズ名 自然誌選書
出版元 どうぶつ社
刊行年月 1989.10
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 488622251X
NCID BN03922505
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90020152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想