遺書を書くシェイクスピア

小津次郎 著

シェイクスピアが遺書を認めたときその脳裏に去来したものは…。日本のシェイクスピア学を育み、担った著者の晩年の論考を中心に編集したエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • シェイクスピアの世界
  • 人生の半ばに立ってシェイクスピアは思う
  • ケンプ退場
  • エリザベス朝の劇壇
  • 遺書を書くシェイクスピア
  • 「失われた時代(ロースト・イヤーズ)」
  • ニュー・プレイスの庭
  • シェイクスピアの見たもの
  • 書痴の弁
  • 「理想的」な複製版
  • シェイクスピアの辞典
  • C.J.シソン教授のこと
  • シェイクスピアに関する偏見と仮説
  • シェイクスピアと音楽
  • 中野好夫先生の教室
  • シェイクスピアを読む
  • ロウからシェーンボームまで
  • 二十六志八片の指環
  • 私の仮説
  • 伝説の顔
  • 年上の妻
  • 俳優の時代から戯曲の時代へ
  • 日本の島々
  • シェイクスピアの新演出について
  • シェイクスピア学のはじまり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺書を書くシェイクスピア
著作者等 小津 次郎
書名ヨミ イショ オ カク シェイクスピア
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.11
ページ数 313p
大きさ 20cm
ISBN 4000001302
NCID BN04072213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90018419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想