むかしの商業

中井信彦 著

[目次]

  • もくじ
  • 一、 商業の始め / 5
  • 峠の神 / 5
  • 大むかしの峠 / 7
  • 無言貿易・沈黙貿易 / 8
  • 贈答 / 9
  • 石器時代の黒曜石とアスファルト / 11
  • 二、 市の話-古代の商業 / 14
  • 奈良の市 / 14
  • 村々の市 / 16
  • 商人の始め / 18
  • 三、 「座」と「見世」-中世の商業と商人(その一) / 21
  • 金売り吉次 / 21
  • 定期市 / 22
  • 座 / 25
  • 京都の見世棚 / 26
  • 中世の商人 / 30
  • いやしめられていた商人 / 33
  • 四、 問屋と金貸し商人の始まり-中世の商業と商人(その二) / 36
  • 港の問丸 / 36
  • 都市の問屋 / 39
  • 借上 / 41
  • 土倉(どそう・とくら) / 43
  • 徳政 / 45
  • 五、 貿易の歴史 / 47
  • 耶馬台国の女王卑弥呼 / 47
  • 遣唐使 / 49
  • 商人の貿易の始め / 50
  • 勘合貿易 / 51
  • 倭寇と八幡船 / 54
  • 南蛮貿易・御朱印船 / 56
  • 糸割符 / 59
  • 貿易港の制限と鎻国 / 60
  • 六、 むかしの貨幣 / 63
  • 物々交換 / 63
  • 最初の貨幣 / 65
  • 皇朝十二銭 / 67
  • 中国の銭を使った時代 / 69
  • 大判・小判 / 70
  • 江戸時代の貨幣 / 73
  • 小判ができるまで / 77
  • むかしの紙幣 / 84
  • むかしの金入れ / 86
  • 七、 近世の商業の仕組み / 90
  • 商人の全盛時代 / 90
  • 士農工商 / 93
  • 商業の発達 / 94
  • 問屋 / 96
  • 問屋の利益 / 102
  • 株仲間 / 105
  • 市場と相場 / 108
  • 小売商 / 110
  • 為替と両替・銀行の始まり / 112
  • 商人の富の力 / 116
  • 商業道徳 / 120
  • 行商人のこと / 122
  • 八、 紀伊国屋文左エ門 / 124
  • 紀伊国のミカン船 / 124
  • 火事は江戸の華 / 126
  • 材木御用商人 / 128
  • インフレーションと俄分限 / 130
  • ぜいたくな私生活 / 135
  • 九、 むかしの広告 / 142
  • 模型の看板 / 142
  • 判じ物の看板 / 145
  • 看板のかざりかた / 147
  • あんどん / 149
  • 引札 / 150
  • 広告本 / 152
  • その他の広告法 / 153
  • 一〇、 むかしの店員生活 / 154
  • 丁稚・小僧 / 154
  • 小店員の生活 / 156
  • やっと一人前に / 158
  • 手代時代 / 159
  • 結婚 / 160
  • 店員の給料とボーナス / 161
  • 退職と手当・のれん分け / 162
  • 退職後の関係 / 163
  • むすび / 166
  • あとがき / 169
  • さくいん / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 むかしの商業
著作者等 中井 信彦
書名ヨミ ムカシ ノ ショウギョウ
書名別名 Mukashi no shogyo
シリーズ名 ぼくたちの研究室
出版元 さ・え・ら書房
刊行年月 昭和31
ページ数 169p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45014749
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想