世界美術家物語

栗原登 著

[目次]

  • もくじ
  • 田園画家ミレー / 1
  • 一 フランソアよ、あれは神様だ
  • 二 画家である前に、キリスト信者に
  • 三 パリーへ
  • 四 ルーブル博物館
  • 五 びんぼうな画家
  • 六 見ることは書くことだ
  • 七 「種まき」と「晩鐘」
  • 八 万国博覧会で一等賞
  • 現代芸術の父ロダン / 29
  • 一 算数が大きらい
  • 二 彫刻に興味をもつ
  • 三 自然を先生に
  • 四 「黄銅時代」の立像
  • 五 「地獄の門」と「考える人」
  • 六 ほめるもの、そしるもの
  • 七 「バルザック」と「接ぷん」
  • 八 ちょっと、その姿勢を
  • 九 浮彫と穴との芸術
  • 完全な人間レオナルド / 63
  • 一 先生より上手な弟子
  • 二 一木一草の美しさ
  • 三 いつもふところに写生帳を
  • 四 おばけの絵
  • 五 妙なとかげ
  • 六 博士十人ぶりの仕事
  • 七 レオナルドの作った寓話
  • 八 すばらしい想像力
  • 九 洪水とそれを絵に書くことについて
  • 一〇 世界ただ一人の人
  • 一一 「最後の晩さん」をかく時
  • 一二 「モナ・リザ」の微笑
  • 一三 北極星のようなレオナルド
  • 一四 よく過された一生は永い
  • 神の使ミケランジェロ / 107
  • 一 世界最大の立像
  • 二 うばの家でそだつ
  • 三 清い心をみがいた
  • 四 「モーゼ」と「アダムの創造」
  • 五 「最後のしんぱん」
  • 六 ろうそくをつけてまでかいた
  • 七 ミケルは神の使
  • 八 三人の天才
  • 九 あっさりした遺言状
  • 王子のような画家ラファエル / 135
  • 一 馬上の青年
  • 二 レオナルドとミケランジェロに学ぶ
  • 三 ぬけ目のない画家
  • 四 たくさんの「マドンナ」の絵
  • 五 「キリストの変容」
  • 六 一致共同の中心
  • 近世第一の画家セザンヌ / 155
  • 一 銀行家の子
  • 二 自分らしいものをかいた
  • 三 展覧会で落選
  • 四 タンギーのおじさん
  • 五 セザンヌ夫人
  • 六 後期印象派のこと
  • 七 一生美の中に暮した
  • 火のようなゴォホ / 175
  • 一 どこへ行っても追い出される
  • 二 熱心に神の教えを説く
  • 三 芸術の芽
  • 四 最後の勝利を信じて
  • 五 ゴオガンとゴォホ
  • 六 太陽に焼かれながら
  • 七 病めば病むほど芸術家に

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界美術家物語
著作者等 栗原 登
書名ヨミ セカイ ビジュツカ モノガタリ
シリーズ名 小学生物語文庫
出版元 教文館
刊行年月 昭和31
ページ数 201p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
45013829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想