研究する子供たち

高森敏夫 著

[目次]

  • 研究する子供たち
  • もくじ
  • はじめに 東京大学教授 理学博士 彌永昌吉 / 2
  • はしがき / 4
  • 一 デパートの火事 / 17
  • 二 練馬消防署の見学 / 31
  • 一 火元を早く見出す工夫 / 31
  • 二 消防署の組織 / 44
  • 三 どうして早く消防を出動させるか / 45
  • 四 火災現場での活動 / 47
  • 五 消防演習と、消防自動車の種類 / 48
  • 三 火災の原因しらべと、松本君の発明 / 52
  • 一 火災の原因しらべ / 52
  • 二 松本君の発明 / 55
  • 四 火災は何時ごろが多いだろうか / 61
  • 一 火災の多い時刻 / 61
  • 二 わかりやすいグラフ / 65
  • 五 火災はどんな天気のときに多いか / 76
  • 一 天気と一年間の火災件数 / 77
  • 二 くらべ方 / 78
  • 三 天気と一日当たりの火災件数 / 80
  • 四 天気と火災の損害 / 83
  • 五 雪の日と火災 / 86
  • 六 火災はどの季節に多いか / 87
  • 一 月別グラフ / 87
  • 二 火災と季節 / 93
  • 七 火災はどの風向きのときに多いか / 94
  • 一 風向きと火災 / 94
  • 二 一年中の風向き / 97
  • 三 もう一度、風向きと火災しらべ / 104
  • 四 風向きと火災の大きさ / 107
  • 八 風の強さと火災との関係 / 115
  • 一 風速と火災の件数 / 115
  • 二 風速と火災の損害 / 123
  • 三 一件当たりの焼失坪数 / 126
  • 九 かわいた季節には火事が多いか / 134
  • 一 実効湿度 / 135
  • 二 実効湿度と火災との関係 / 137
  • 一〇 物のもえ出すとき(実験) / 145
  • 一 電熱器から / 145
  • 二 たき火をして / 153
  • 三 たき火のあとで / 155
  • 一一 たばこから火事になる実験(その一) / 160
  • 一二 たばこから火事になる実験(その二) / 166
  • 一三 着物に火がついたとき(実験) / 173
  • 一 たてと横のちがい / 173
  • 二 わりばしの実験 / 174
  • 三 葉書の実験 / 178
  • 四 いろいろの布 / 182
  • 五 わかりやすい表 / 187
  • 六 座ぶとんの火事 / 190
  • 七 スカートの実験 / 192
  • 八 スカートについた火 / 197
  • 一四 火事はどんなにしてうつっていったか(実験) / 202
  • 一 火事の実験 / 202
  • 二 どろをぬった家と、トタンを立てかけた家と、石の家 / 212
  • 三 ガラスのはまった窓と、ガラスのない窓 / 216
  • 四 トタン板を立てかけた家 / 219
  • 一五 火事のばあいはどうするか / 221
  • 一 火事が近くに出たらどうするか / 222
  • 二 何から先に持ち出すか / 223
  • 三 火事(作文) / 231
  • 一六 逃げ出す実験 / 235
  • 一 二階から逃げ出す実験 / 235
  • 二 教室から逃げ出す実験 / 242
  • 一七 もえない家 / 247
  • 一八 火災を少なく、損害を小さくするために / 253
  • 一 統計から考えられること / 254
  • 二 実験の結果から考えられること / 258
  • 一九 私たちの消防クラブ / 266
  • 一 私たちの少年消防クラブ / 266
  • 二 私たちの新消防隊 / 268
  • あとがき 東京工業大学助教授 理学博士 高宮篤 / 281

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 研究する子供たち
著作者等 高森 敏夫
書名ヨミ ケンキュウスル コドモタチ
出版元 福村書店
刊行年月 昭和29
ページ数 287p 図版
大きさ 22cm
NCID BN10916987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45013597
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想