ヘーゲルの政治哲学 : 課題と展望

Z.A.ペルチンスキー 編 ; 藤原保信 他訳

[目次]

  • 1 ヘーゲルの国家概念
  • 2 自由の実現としての歴史
  • 3 バーク、ヘーゲルとフランス革命
  • 4 ヘーゲルの『精神現象学』-ギリシアへの挽歌
  • 5 ヘーゲル『法の哲学』の構造
  • 6 ヘーゲルの団体理論の意義と源泉
  • 7 ヘーゲル『法の哲学』における自然と自由
  • 8 ヘーゲルの刑罰理論
  • 9 ヘーゲルの戦争の説明
  • 10 ヘーゲルの歴史哲学における原理と偏見
  • 11 マルクスのヘーゲル政治哲学批判
  • 12 革命前の社会における個人の役割-シュティルナー、マルクス、ヘーゲル
  • 13 ヘーゲルの政治哲学-その今日的意義についての若干の考察
  • 訳者解説-ヘーゲル政治哲学の展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲルの政治哲学 : 課題と展望
著作者等 Pelczynski, Z. A
Pelczynski, Z. A.
姜 尚中
川上 文雄
引田 隆也
荻原 隆
藤原 保信
飯島 昇蔵
飯島 昇蔵
ペルチンスキー Z.A.
書名ヨミ ヘーゲル ノ セイジ テツガク
書名別名 Hegel's political philosophy
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1989.11
版表示 〔新装版〕
ページ数 537, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4275013611
NCID BN04089089
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90010437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想