世界がおどろく日本の三大発明

豊沢豊雄 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一 日本真珠の光(御木本幸吉)
  • 一、 うつくしい真珠 / 2
  • 二、 黒船だ! / 6
  • 三、 ほしい小刀 / 15
  • 四、 くさったぼら / 19
  • 五、 血のにじむ真珠研究 / 25
  • 六、 妻の死 / 38
  • 七、 赤潮おそう / 44
  • 八、 ついに成功 / 54
  • 九、 二番目の大発明 / 58
  • 十、 日本真珠の真価 / 62
  • 十一、 発明王エヂソンと真珠 / 67
  • 十二、 平和の使者 / 69
  • 第二 かがやく新自動織機(豊田佐吉)
  • 一、 ふたりの少年大工 / 76
  • 二、 東京見物 / 81
  • 三、 発明のくるしみ / 90
  • 四、 母のなさけ / 95
  • 五、 どの織機が一番か / 101
  • 六、 利欲と、ばか正直のあらそい / 105
  • 七、 ばか正直勝つ / 113
  • 八、 決裂の日 / 117
  • 九、 新自動織機成る / 124
  • 十、 逸話ふたつ / 130
  • 第三 世界の調味料「味の素」(池田菊苗・鈴木三郎助・栗原貴賢)
  • 一、 コンブの買物 / 136
  • 二、 コンブのうまみとは / 139
  • 三、 化学の力で「うまいもの」をつくろう / 144
  • 四、 実験、実験、また実験 / 146
  • 五、 家族の応援 / 150
  • 六、 つきとめた「うまみ」の正体 / 154
  • 七、 工業化されたグルタミン酸 / 160
  • 八、 塩酸ガスにあつまる苦情 / 163
  • 九、 危険せまる栗原 / 169
  • 十、 ついに世界の舌を征服 / 177
  • あとがき / 182
  • 年表 / 184
  • 〔附録〕 その発明ならだれにもできる

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界がおどろく日本の三大発明
著作者等 豊沢 豊雄
書名ヨミ セカイ ガ オドロク ニホン ノ サンダイ ハツメイ
出版元 学習社
刊行年月 昭和28
ページ数 216p
大きさ 19cm
全国書誌番号
45013569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想