郷土にかがやく人々  3

吉岡三平 等著 ; 平勇雄 等絵

[目次]

  • 郷土にかがやく人々 第三巻
  • 目次
  • 良寛・花田一重 / 1
  • 備中ゆき / 1
  • 寂厳ののき行燈 / 3
  • もたいの泊 / 4
  • 円通寺の座禅 / 5
  • しのうどん / 7
  • 竹ぼらの音 / 9
  • 母の散花 / 11
  • 幼い幸文 / 14
  • 手まり歌 / 17
  • 一草庵 / 21
  • 鉄船水上に浮ぶ / 24
  • 寝ざめの友 / 27
  • 桂川 / 28
  • 五合庵 / 29
  • はちすの露 / 32
  • 新本の義民おじさん・風早哲夫 / 35
  • 三日月の丸くなるまで / 35
  • 三つのお願い / 39
  • 起誓岩 / 43
  • なかまの決心 / 47
  • 最後のそうだん / 49
  • かくごの旅 / 52
  • 鈴が森の浜 / 53
  • 義民おどり / 58
  • 山田方谷・植田真一郎 / 61
  • 油屋の息子安五郎 / 61
  • 「そんなことで、勉強ができますか。」 / 66
  • 五万石、百姓の政治 / 78
  • あら海にただよう小舟 / 82
  • 松山城のあけわたし / 85
  • 年老いた方谷 / 88
  • マスカットの恩人・河本一夫 / 92
  • はじめに / 92
  • みんなに知られるようになったのは / 93
  • 森芳滋先生 / 95
  • 作れるようになるまで / 99
  • 大森熊太郎 / 104
  • 山内善男 / 105
  • おわりに / 109
  • 尾上松之助・黒崎秀明 / 112
  • 雪の日 / 112
  • あこがれの芝居へ / 118
  • 苦しい旅まわり / 123
  • 映画の世界へ / 129
  • 松之助の名誉 / 133
  • 野崎武左衛門・安原萬次郞 / 139
  • 明神島に灯がついた / 139
  • 少年の日のゆめに生きる / 141
  • じぶんのためばかりではない / 145
  • なあに、三度目が勝負だ / 154
  • ついに塩田王となる / 158
  • 製塩県岡山の名をのこす / 160
  • 菊池大麓・高畑稔 / 165
  • 偉人ということ / 165
  • その時代 / 167
  • その誕生 / 171
  • その勉学 / 174
  • その仕事 / 177
  • その政治 / 181
  • 児島虎次郎・時本堅 / 183
  • 里の水車 / 183
  • 貧乏画学生 / 188
  • なさけの庭 / 193
  • 大原コレクション / 201
  • 酒津無為堂 / 205
  • 小川正子・吉塚勤治 / 211
  • 棧橋から来た娘 / 211
  • 官舎のあじさい / 217
  • 旅立つ前夜 / 222
  • はじめての講演と旅の記録 / 225
  • 「小島の春」の出版 / 230
  • 惜しまれるその死 / 233
  • 金光大神・秋山弘 / 235
  • 神様あそび / 235
  • 父のぞうり / 239
  • かけほうびき / 244
  • 銀飛脚 / 248
  • つづく不幸 / 252
  • 信心の道へ / 256

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 郷土にかがやく人々
著作者等 吉岡 三平
平 勇雄
書名ヨミ キョウド ニ カガヤク ヒトビト
書名別名 Kyodo ni kagayaku hitobito
巻冊次 3
出版元 日本文教
刊行年月 昭和32
ページ数 3冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
45012116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想