鋼橋設計法

牧野喬 著

[目次]

  • 鋼橋設計法
  • 第一章 鋼橋設計に關する一般要項並びに諸注意
  • 第一節 橋梁設計槪說 / p1
  • 第二節 架橋位置及び方向の選定 / p1
  • 第三節 橋長及びスパン割の決定 / p5
  • 第四節 橋梁型式の選定 / p13
  • 第五節 主桁の數・間隔及び配置 / p16
  • 第六節 橋梁構造の基本寸法 / p20
  • 第七節 橋梁計畫の實例 / p24
  • 第八節 橋梁構造の設計計算 / p30
  • 第九節 製圖 / p42
  • 第十節 照查 / p45
  • 第十一節 示方書及び工費豫算 / p46
  • 第二章 單桁橋
  • 第一節 單桁の力學 / p49
  • 第二節 工形鋼桁橋 / p62
  • 第三節 設計計算實例‐鐵道橋 / p68
  • 第四節 設計計算實例‐道路橋 / p71
  • 第三章 橋床構造
  • 第一節 總說 / p77
  • 第二節 床部 / p77
  • 第三節 床組 / p84
  • 第四節 伸縮裝置及び制動構 / p94
  • 第五節 斜橋の床組 / p100
  • 第六節 設計計算例(上路道路橋橋床) / p108
  • 第四章 鈑桁橋
  • 第一節 總說 / p114
  • 第二節 斷面決定法 / p120
  • 第三節 細部設計 / p129
  • 第四節 設計計算實例‐單線上路鐵道橋 / p149
  • 第五節 設計計算實例‐單線下路鐵道橋 / p161
  • 第六節 設計計算實例‐上路道路橋 / p169
  • 第五章 單構桁橋
  • 第一節 總說 / p182
  • 第二節 單構桁の應力 / p194
  • 第三節 部材斷面 / p212
  • 第四節 部材の構造 / p222
  • 第五節 接手の構造 / p230
  • 第六節 格點の構造 / p234
  • 第七節 設計計算實例‐下路鐵道橋 / p253
  • I. 設計條件及び一般寸法 / p253
  • II. 床組 / p254
  • III. 主構 / p258
  • IV. 橫構及び制動構 / p279
  • V. 橋門構及び對傾構 / p283
  • VI. 沓 / p285
  • VII. 撓・反り及び製作寸法 / p288
  • 第六章 熔接合及び熔接鈑桁橋
  • 第一節 熔接合 / p291
  • 第二節 熔接鈑桁橋 / p304
  • 第三節 計算例 / p326
  • 第七章 無鉸連續桁橋
  • 第一節 總說 / p333
  • 第二節 連續鈑桁橋 / p337
  • 第三節 連續構桁橋 / p341
  • 第四節 設計計算實例-上路道路橋 / p346
  • I. 設計條件及び設計示方書 / p346
  • II. 床部構造 / p347
  • III. 主桁 / p351
  • IV. 橫構及び支承 / p368
  • 第八章 有鉸連續桁橋(或はゲルバー桁橋)
  • 第一節 總說 / p373
  • 第二節 ゲルバー桁の力學 / p386
  • 第三節 ゲルバー鈑桁橋 / p391
  • 第四節 ゲルバー構桁橋 / p396
  • 第五節 設計計算實例-上路道路橋 / p419
  • I. 設計條件・一般寸法及び床部構造 / p419
  • II. 主桁 / p421
  • III. 橫構及び支承 / p432
  • 附錄
  • 1. 鐵道省 國有鐵道建設規程 / p437
  • 2. 鐵道省 鋼鐵道橋設計示方書 / p441
  • 3. 内務省 道路構造ニ關スル細則 / p448
  • 4. 内務省 道路構造令竝道路構造令細則改正案要項 / p454
  • 5. 製圖規格拔萃 / p458
  • 6. 鐵道省 鋼鐵道橋製作示方書 / p465
  • 7. 某道路橋工事示方書 / p468
  • 8. 電弧熔接規格案 / p470
  • 9. 電弧熔接鋼構造物示方書 / p476
  • 10. 構造(橋梁・建築其ノ他)用壓延鋼材規格 / p483
  • 11. 壓延鋼材ニ關スル諸表 / p486
  • 12. 細部ニ於ケル標準間隙ノ表 / p496

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鋼橋設計法
著作者等 牧野 喬
書名ヨミ コウキョウ セッケイホウ
書名別名 Kokyo sekkeiho
出版元 修教社
刊行年月 1951
版表示 6版
ページ数 517p 図版14枚
大きさ 27cm
NCID BA62215112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52001428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想