心のはたらき

養老孟司 編

本書は昭和62年の秋学期に行なわれた、東京大学における総合科目「こころ」の講師の方々に、講義の内容を骨子としてお書き頂いた11編からなっている。夏学期の『心のありか』に引き続き、医学、文学、宗教、社会など、広い領域から「心」について論じたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心とはなにか
  • 心に働く物質
  • 心の病
  • サイコセラピー-精神分析療法を中心に
  • ホーソーンの短篇をめぐって-アイデンティティの危機
  • 心と愛
  • 閃きの瞬間
  • 宗教の誕生
  • 民族文化と精神衛生
  • 革命を志向する心
  • 社会科学における心

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心のはたらき
著作者等 Garralda, Xavier
Pulvers, Roger
伊藤 亜人
和田 春樹
島田 太郎
松下 享
福島 章
荒井 献
西山 詮
谷嶋 喬四郎
養老 孟司
書名ヨミ ココロ ノ ハタラキ
シリーズ名 シリーズ・人間と文化 4
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1989.9
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4130010204
NCID BN03804418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90004560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想