道教と東アジア : 中国・朝鮮・日本

千田稔 ほか著 ; 福永光司 編

古代日本文化の深層形成に果した中国哲学・思想の役割を、道教をキーワードに歴史・考古・民俗ほか様々な視点から追究した注目の共同研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「基層」発掘-常世と神
  • 道教における「〓@68FB」と「章」-『延喜式』の「祭祀」と「祝詞」に寄せて
  • 日本における人形の起源
  • 律令祭祀論の一視点
  • 「急々如律令」を探る
  • 養老改元-醴泉と変若水
  • 長岡京・平安京造都と道教思想
  • 「石上松生剣」伝承考
  • 石上神宮の成立-歴史地理学の一視点
  • 大陸の島の文化-その移転と経済
  • オカメ・ヒョットコ考-日本民俗における易の受容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道教と東アジア : 中国・朝鮮・日本
著作者等 前田 良一
千田 稔
吉野 裕子
和田 萃
東アジア基層文化研究会
泉 武
清田 圭一
福永 光司
菅谷 文則
金子 裕之
高橋 徹
書名ヨミ ドウキョウ ト ヒガシアジア
書名別名 Dokyo to higashiajia
出版元 人文書院
刊行年月 1989.6
ページ数 274p
大きさ 19cm
ISBN 4409410423
NCID BN03411889
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90000235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想