現代物理学の思想

W.K.ハイゼンベルク 著 ; 河野伊三郎, 富山小太郎 訳

時間・空間・実在…現代物理学の概念は伝統的哲学からどのようにして発展してきたか。ミクロの世界の現象は人間の言語によってどこまで正確に記述できるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古い伝統と新しい伝統
  • 第2章 量子論の歴史
  • 第3章 量子論のコペンハーゲン派の解釈
  • 第4章 量子論と原子科学の根源
  • 第5章 哲学的観念の発展と量子論
  • 第6章 自然科学の他の部門と量子論
  • 第7章 相対性理論
  • 第8章 コペンハーゲン派の解釈の批判
  • 第9章 量子論と物質の構造
  • 第10章 現代物理学における言語とリアリティ
  • 第11章 人間の思考における現代物理学の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代物理学の思想
著作者等 Heisenberg, Werner
富山 小太郎
河野 伊三郎
ハイゼンベルク W.K.
書名ヨミ ゲンダイ ブツリガク ノ シソウ
書名別名 Physics and philosophy
出版元 みすず書房
刊行年月 1989.8
版表示 〔新装版〕
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 4622039346
NCID BN00950810
BN03986789
BN04067042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89060595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想