計算理論と論理プログラミング

Melvin Fitting 著 ; 山崎秀記 ほか共訳

計算機の理論的な能力と限界-すなわち、計算機に何が可能で何が不可能か-について考える計算可能性理論は、情報科学・計算機科学を学ぶ際に必要不可欠な基本的分野であり、加えて、今日の人工知能理論の中枢を占めるものでもある。本書は、その解説に、PROLOGに似た抽象的論理プログラミング言語EFSを用いるという非常に意欲的な方法を取り、計算の機械的細部に煩わされることなく,厳密でありながら平易で丁寧な記述を行った初めての入門的教科書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 記号列操作言語
  • EFS言語の族
  • 作用薬
  • データ構造の実現
  • チャーチ‐チューリングの提唱
  • データとしてのプログラム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 計算理論と論理プログラミング
著作者等 Fitting, Melvin
Fitting, Melvin Chris
山崎 秀記
田中 一之
守谷 哲夫
書名ヨミ ケイサン リロン ト ロンリ プログラミング
書名別名 Computability theory,semantics,and logic programming
出版元 丸善
刊行年月 1989.8
ページ数 252p
大きさ 22cm
ISBN 4621033972
NCID BN03867065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89058138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想