超人の哲学

田原八郎 著

人はなぜ「超人」にあこがれるのか?家族や社会という見果てぬ夢を織りつづけるのはなぜか?不敗の神話、肉体の超越、ヘビー級チャンピオン、横綱など、ヒーローたちの負性、聖性、異人性にみちみちた「超人」から、現代社会の構造を読み解く知の冒険。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 超人の弁証法
  • 1 男の構造(没落への憧憬、翳りへの憧憬
  • 男の4角環鎖)
  • 2 脱-人間の理論(ファシズム
  • 死にゆく者の脱
  • 闘争者の脱
  • 「開」けの脱)
  • 3 超-人間の理論(脱-人間と超-人間
  • 超人の認識論
  • 超人の小宇宙
  • 超人の聖性
  • 超人の「異人性」
  • 高貴なるもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超人の哲学
著作者等 田原 八郎
書名ヨミ チョウジン ノ テツガク
書名別名 Chojin no tetsugaku
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1989.8
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4061489631
NCID BN03751118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89057817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想