光・電子集積回路の物理

松枝秀明 著

通信や情報処理の能力を飛躍的に向上させる素子として期待される光・電子集積回路の基礎から応用までを一貫としてとらえ、将来を展望するのに格好の著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 電磁気理論
  • 物質の中の電子
  • 物質と電磁波
  • 情報と信号
  • 光素子の基礎
  • 電子回路の基礎
  • 光・電子集積回路の材料物性
  • 光・電子集積回路
  • 光・電子集積回路の製作プロセス
  • 将来の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光・電子集積回路の物理
著作者等 松枝 秀明
金原 寿郎
書名ヨミ ヒカリ デンシ シュウセキ カイロ ノ ブツリ
シリーズ名 応用物理学選書 7
出版元 裳華房
刊行年月 1989.7
ページ数 418p
大きさ 22cm
ISBN 4785325070
NCID BN03703137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89057051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想