私の昭和映画史

広沢栄 著

あっ、キスシーンがない!『未完成交響楽』の検閲に歯ぎしりした小田原の映画少年は、病こうじて戦争末期の東宝撮影所の門をくぐった。以来、国策映画のカチンコを打ち、敗戦直後の東宝争議を経験、『七人の待』や『雪国』を熾烈な助監督の現場をくぐり、『サンダカン八婦娼館・望郷』など昭和を問うシナリオを書きつづけてきた著者の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海道筋
  • 片目のヒーロー
  • シロヂニアカク
  • 爆弾3勇士
  • 東京からの匂い
  • 怒涛
  • はつかえびす貝
  • 吾一少年
  • スケッチ日和
  • 虚弱少年
  • 寒い朝
  • 学ニ志ス
  • ルーペのなか
  • その日まで
  • 軍隊手牒
  • この門に入ることを
  • 馬が走る
  • 助監督のしごと
  • 女をえがくひと
  • 落日
  • 私のなかのシナリオ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の昭和映画史
著作者等 広沢 栄
廣澤 榮
書名ヨミ ワタクシ ノ ショウワ エイガシ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.7
ページ数 247p
大きさ 18cm
ISBN 4004300800
NCID BN03611287
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89054973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想