反=ドン・キホーテ論 : セルバンテスの方法を求めて

牛島信明 著

今なお最も尖鋭なメタフィクションであり続け、近代世界のモデルとして聳立する小説『ドン・キホーテ』。手垢にまみれたドン・キホーテ像を複眼的に見つめ直し、セルバンテスのテクストに則して、本来の豊饒さと面白さを救い出す。ドン・キホーテ神話の解体へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 <意識>の仮面-セルバンテスの文学を被うもの
  • 第2章 周縁の人、セルバンテス
  • 第3章 ドン・キホーテの創造-反省からアイロニーへ
  • 第4章『ドン・キホーテ』のパースペクティヴ
  • 第5章 「知りつつ…」の構造
  • 第6章 『ドン・キホーテ』におけるアイロニー/ユーモアの機能

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反=ドン・キホーテ論 : セルバンテスの方法を求めて
著作者等 牛島 信明
書名ヨミ ハン ドン キホーテ ロン
シリーズ名 ドン・キホーテ
出版元 弘文堂
刊行年月 1989.7
ページ数 318p
大きさ 20cm
ISBN 4335950233
NCID BN03828697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89051796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想