<誠実>と<ほんもの> : 近代自我の確立と崩壊

ライオネル・トリリング 著 ; 野島秀勝 訳

自我と文化のかかわり、文化のなかの自我のありようをテーマに、自己疎外の超克をめざす近代精神の苦闘の道程をたどる。人間存在の稀薄化が進行する<今>、あらためて世に問うトリリングの代表作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 誠実-その起源と発生
  • 2 正直な魂と崩壊した意識
  • 3 存在感と芸術感情
  • 4 英雄的なもの、美的なものと《ほんもの》と
  • 5 社会とほんものの自我
  • 6 ほんものの無意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <誠実>と<ほんもの> : 近代自我の確立と崩壊
著作者等 Trilling, Lionel
野島 秀勝
トリリング ライオネル
書名ヨミ セイジツ ト ホンモノ
書名別名 Sincerity and authenticity

Seijitsu to honmono
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 268
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1989.6
ページ数 255, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4588002686
NCID BN03571047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89050684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想