人間の脳 : その未知なるもの

本間三郎 著

人間の脳機能が他の動物とどのような点が、どのように違うかを生物進化論をふまえ、現代の生理学研究成果に基づいて克明に説明している。脳を構成するニューロン(神経細胞)、ニューロン間を連接するシナプス等の生理学用語を医学部講義レベルで紹介し、高次脳機能の理解を深めた上で、生涯にわたる学習の必用性を説き、老化対策にもふれ、脳の未知なる点が奈辺にあるかを指摘している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間の脳の特質
  • 2 人間の脳機能の形成
  • 3 運動と姿勢、その制御
  • 4 言語の脳内機構と左右大脳半球
  • 5 本能と情動
  • 6 睡眠と覚醒
  • 7 感覚、知覚と認知
  • 8 記憶
  • 9 加齢と老化
  • 10 ニューロン、グリアとシナプスの生理学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間の脳 : その未知なるもの
著作者等 本間 三郎
書名ヨミ ニンゲン ノ ノウ
出版元 朝倉書店
刊行年月 1989.6
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 4254100833
NCID BN03640241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89047558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想