砂丘のアリジゴク : 不思議な昆虫の不可思議な生態

松良俊明 著

アリジゴク-寓話上の名称ミルメコレオ(蟻獅子)は、からだの前半分はライオンで、後ろ半分はアリという奇妙な姿をしていて、その父親は肉食だが母親は植物食であり、ゆえにその子ミルメコレオは相矛盾する両方の性質を受け継いだため、何も食べることができずに死ぬ、と伝えられているが…。明らかになった生活史の全貌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 さまざまなアリジゴク
  • 第2章 クロコウスバカゲロウの生活史
  • 第3章 巣穴について
  • 第4章 アリジゴクはどれだけ餌を捕っているか
  • 第5章 アリジゴクの捕食戦略
  • 第6章 間違っていた種名

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 砂丘のアリジゴク : 不思議な昆虫の不可思議な生態
著作者等 松良 俊明
書名ヨミ サキュウ ノ アリジゴク
出版元 思索社
刊行年月 1989.6
ページ数 215, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4783501637
NCID BN03735734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89047553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想