桜島・日の果て・幻化

梅崎春生 著

処女作「風宴」の、青春の無為と高貴さの並存する風景。出世作「桜島」の、極限状況下の青春の精緻な心象風景。そして秀作「日の果て」。「桜島」「日の果て」と照応する毎日出版文化賞受賞の「幻化」。無気味で純粋な"生"の旋律を作家・梅崎春生の、戦後日本の文学を代表する作品群。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桜島・日の果て・幻化
著作者等 梅崎 春生
書名ヨミ サクラジマ ヒ ノ ハテ ゲンカ
書名別名 幻化

日の果て

Sakurajima hi no hate genka
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1989.6
ページ数 397p
大きさ 16cm
ISBN 4061960474
NCID BN05811505
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89046728
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想