角運動量とスピン : 『量子力学』補巻

朝永振一郎 著 ; 亀淵迪 ほか編

朝永振一郎博士の『量子力学』1、2は、数ある教科書のなかでもひときわ声価が高く、わが国の研究者・学生の大半は本書を通じて量子力学を学んだといって過言ではない。待望久しい名著の第3巻が、著者の構想と遺稿をもとにここに結実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 角運動量とスピン
  • 第2部 摂動論、観測の理論
  • 第3部 ベクトル空間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 角運動量とスピン : 『量子力学』補巻
著作者等 亀淵 迪
原 康夫
小寺 武康
朝永 振一郎
書名ヨミ カク ウンドウリョウ ト スピン
出版元 みすず書房
刊行年月 1989.4
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 4622040816
NCID BN03332410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89036452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想