地球の探求

小林英夫, 根本順吉 著 ; 昆野恒 絵

[目次]

  • 目次
  • I 化石の正体
  • 1 化石の研究のはじまり / 3
  • 2 レオナルド・ダ・ヴィンチ / 10
  • 3 リスター / 17
  • 4 化石の秘密がとかれた / 21
  • II 地殼の正体をどうしてつかまえたか
  • 5 地殼についての科学的研究がはじまるまで / 29
  • 6 ウェルナーの水成論 / 43
  • 7 ハットンの火成論 / 47
  • 8 岩石の研究が進歩した / 52
  • 9 山や地殼はどのようにしらべられてきたか / 56
  • III 地球のなかをしらべる
  • 10 地震の研究のはじまり / 63
  • 11 地震の研究 / 71
  • 12 地球のなかはどうなっているか / 77
  • IV 地球は大きな一つの磁石である
  • 13 南北をしめすことの発見 / 81
  • 14 偏角の発見 / 83
  • 15 伏角の発見 / 89
  • 16 永年変化の発見 / 93
  • 17 磁気力の測定と最近の進歩 / 97
  • V 地球の伝記はどのようにしてわかってきたか
  • 18 キュヴィエのものくるおしい渦巻 / 101
  • 19 現在は過去の鍵 / 106
  • 20 地向斜の発見 / 110
  • 21 地質時代とはどのくらい昔のことか / 114
  • VI 海のなかの川の発見
  • 22 むかしから気がつかれていた海流 / 119
  • 23 モーリーの研究 / 123
  • 24 チャレンジャー号の探検 / 128
  • 25 日本付近の海流の研究 / 131
  • 26 海流の測定と海流の理論 / 135
  • VII 天気図と天気予報のはじまり
  • 27 空気の絵をかくこと / 141
  • 28 民間の仕事から国家の仕事へ / 145
  • 29 無線の発達と天気図の範囲の拡大 / 159
  • VIII 成層圈をこえて-人工衛星まで-
  • 30 大気の探検がはじまるまで / 165
  • 31 高層気象観測がはじまる / 173
  • 32 成層圏の発見 / 180
  • 33 ラジオ・ゾンデの発明 / 186
  • 34 人工衛星の打上げに成功する / 190
  • あとがき / 198
  • 年表
  • 事項さくいん
  • 人名さくいん

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地球の探求
著作者等 小林 英夫
昆野 恒
根本 順吉
書名ヨミ チキュウ ノ タンキュウ
シリーズ名 やさしい科学の歴史 ; 5
出版元 筑摩書房
刊行年月 昭和32
ページ数 199, 11p
大きさ 22cm
NCID BN08026353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45025582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想