米と栄養

稲垣長典 著 ; 菅野陽太郎 絵

[目次]

  • もくじ
  • 第一部 米と日本人
  • どうして日本人は体格がわるいか / 4
  • なぜ米が主食となっているのか / 13
  • 米が私たちの口に入るまで / 17
  • 日本人は一日どれだけ食べたらよいか / 34
  • 米で足りない栄養をなんでおぎなうか / 41
  • ごはんとパンのちがい / 44
  • 米にみそしるとパンにバター / 51
  • 米と乳をくらべる / 60
  • 第二部 食べものの科学
  • 力を出す食べもの / 70
  • からだの成分や骨をつくる食べもの / 74
  • ビタミンが不足したらどうなるか / 83
  • 水もひじょうに大切です / 88
  • 私たちが食べている食品の種類 / 92
  • つり合いのとれた栄養をとること / 108
  • 食べものを貯蔵するには / 111
  • 調味料と香辛料 / 116
  • お茶の話 / 124
  • 食べものの色・におい・味 / 133
  • おかしの栄養と食べすぎの害 / 138
  • 第三部 消化と栄養
  • からだのなかで食べものはどう変るか / 146
  • 消化吸収されたのこりはどうなるか / 154
  • 空腹感と満腹感 / 157
  • 食欲とは / 162
  • のどがかわくということ / 166
  • 白米のおいしさ / 169
  • 第四部 これからの食生活
  • 強化白米と合成米 / 176
  • 強化食品の発達 / 185
  • 食べものをおいしくするビタミン / 198
  • 学校給食の話 / 203

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 米と栄養
著作者等 稲垣 長典
菅野 陽太郎
書名ヨミ コメ ト エイヨウ
書名別名 Kome to eiyo
シリーズ名 少年少女科学の研究室 ; 10
出版元 三十書房
刊行年月 昭和28
ページ数 213p
大きさ 19cm
NCID BA3856580X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45025385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想