知恵の樹

ウンベルト・マトゥラーナ, フランシスコ・バレーラ 共著 ; 管啓次郎 訳

<確信の誘惑>を断ち切ろう。生命にとって存在と認識と行動はひとつだ。そして、世界とは、ただぼくらが異なった生き方をするときにのみ、異なったものとなるのだ。-自己言及のパラドクスと背中合わせになった自己創出の可能性を厳密に示した、認識の生物学へのまったく新しいレクチャー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 <いかにして知るのか>を知る
  • 第2章 <生きていること>の組織
  • 第3章 歴史-生殖と遺伝
  • 第4章 メタ細胞体の生活
  • 第5章 生物のナチュラル・ドリフト
  • 第6章 <行動域>
  • 第7章 神経システムと認識
  • 第8章 <社会>現象
  • 第9章 <言語域>と人間の意識
  • 第10章 知恵の樹

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知恵の樹
著作者等 Maturana, Humberto R
Varela, Francisco J
Varela, Francisco J.
管 啓次郎
バレーラ フランシスコ
マトゥラーナ ウンベルト
書名ヨミ チエ ノ キ
書名別名 El árbol del conocimiento

生きている世界はどのようにして生まれるのか

Chie no ki
出版元 朝日出版社
刊行年月 1987.10
ページ数 189p
大きさ 27cm
ISBN 4255870284
NCID BN01427571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89030861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想