ミドル・パワーの外交

馬場伸也 編

大国・超大国のパワー・ポリティックス(権力政治)に抗し、自立を志向して葛藤するミドル・パワー諸国の外交こそ、平和への力であり歴史発展の流れである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カナダの外交-普遍主義とその限界(カナダにおけるミドル・パワー意識の誕生
  • 戦後多国間関係の普遍主義的展開
  • イギリス連邦の変質と開発援助政策の成立
  • 北大西洋協力と北米統合
  • 経済ナショナリズムと国際主義の変容
  • カナダと日本の関係)
  • オーストラリアの外交-アメリカ・イギリス依存関係とアジア政策(ANZUS同盟外交
  • ウィットラム労働党政権と自主外交政策
  • フレイザー保守連立政権とリアリズム外交
  • ミドル・パワーとしてのオーストラリアの役割
  • 日本とオーストラリアの関係)
  • ユーゴスラヴィアの外交-非同盟外交の論理と実際(ユーゴ非同盟外交の前提
  • ユーゴ非同盟外交の理論的基礎
  • ユーゴ非同盟外交の実態
  • 日本とユーゴスラヴィアの関係)
  • ブラジルの外交-自主・内包型外交(ミドル・パワーとしての具体的状況
  • ブラジル外交史通観
  • 組織、地域・国別にみた外交
  • 日本とブラジルの関係)
  • メキシコの外交-体制と外交(伝統外交の時代
  • エチェベリア改革主義外交
  • 石油と"石油化"-ミドル・パワーの幻想?
  • 対日関係)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミドル・パワーの外交
著作者等 馬場 伸也
書名ヨミ ミドル パワー ノ ガイコウ
書名別名 自立と従属の葛藤

Midoru pawa no gaiko
出版元 日本評論社
刊行年月 1988.5
ページ数 387p
大きさ 20cm
ISBN 4535577226
NCID BN02330420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89030631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想