科学史

沼田真 著

[目次]

  • 目次
  • 科学史をなぜまなぶか
  • I 知識の芽生え
  • 1 人間の誕生 / 4
  • 2 火を手なずけた人類 / 10
  • 3 石器時代とまじない / 11
  • II 科学の夜明け(古代)
  • 1 古代人の生活のすがた / 22
  • 2 古代の科学と技術 / 25
  • 3 ピラミッドの国 / 29
  • ・お坊さんたちの科学といやしい技術 / 29
  • ・二つのパピルス / 30
  • ・文字の発明 / 32
  • ・ピラミッドと万里の長城 / 35
  • ・暦と天文学の誕生 / 37
  • ・ゼロと位どりの発見 / 40
  • 4 ・明けゆくギリシア / 41
  • ・鉄をつかう人々 / 41
  • ・ギリシアとアレクサンドリア / 45
  • ・生命とはなにか? / 47
  • ・物質とはなにか? / 53
  • ・数学の開花 / 55
  • ・宇宙のつくりを考える / 56
  • III 科学のくらい谷間(中世)
  • 1 中世人の生活 / 60
  • 2 科学と技術の性質 / 64
  • 3 錬金術 / 65
  • 4 ロージャー・ベーコン / 68
  • IV ルネッサンスからニュートンまで(14~17世紀)
  • 1 人々の生活 / 71
  • 2 万能家から体系化へ / 73
  • ・封建制をこわした三大技術 / 73
  • ・科学の発展 / 76
  • 3 天体は回転する / 80
  • ・地球はうごく-コペルニクス / 80
  • ・惑星の運動をつきとめる-ケプラー / 83
  • ・伝統をたちきる-ガリレイ / 85
  • ・王立学会とニュートン / 93
  • V 革命と科学(18世紀)
  • 1 産業革命 / 102
  • 2 フランス革命 / 106
  • 3 宇宙の体系 / 108
  • VI 電気と化学工業の時代(19世紀前半)
  • 1 土地開発ですすんだ科学と技術 / 110
  • 2 近代化学の父ドールトン / 119
  • 3 電気文明の父フアラデイ / 126
  • 4 有機化学と農芸化学の父リービッヒ / 129
  • VII 進化論の時代(19世紀後半)
  • 1 もり上る民主々義 / 135
  • 2 科学のはったつ / 137
  • 3 発明と発見 / 143
  • 4 科学へのうたがい / 147
  • 5 進化論 / 148
  • 6 細菌とのたたかい / 158
  • ・パストゥールの生活 / 158
  • ・コッホの研究 / 163
  • VIII 原子力時代-物質と生命の支配(20世紀)
  • 1 私たちの生活から / 167
  • 2 物質と生命の支配へ / 168
  • 3 技術の大進歩 / 172
  • 4 自然の改造 / 175
  • 5 日本の科学 / 176
  • ・くずれる封建制 / 177
  • ・ひらけるちえの花 / 179
  • 6 原子の秘密をとりだす / 183
  • ・原子のつくりをあばく / 186
  • ・原子のはたらきをとりだす / 190
  • IX これから
  • 1 希望をもとう! / 195
  • 2 科学と技術の進歩から / 196
  • 3 未来の生活 / 205
  • 年表・索引
  • 〔表紙の写真〕脳の手術(東京医科歯科大学第二外科にて 1957年8月21日撮影)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 科学史
著作者等 沼田 真
書名ヨミ カガクシ
シリーズ名 中学生の理科全集 ; 18
出版元 岩崎書店
刊行年月 昭和32
ページ数 209, 15p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45025521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想