ラムネーの思想と生涯

ルイ・ル・ギユー 著 ; 伊藤晃 訳

騒乱と変革の時代(1782-1854)に余りにも先取りした時代思想「良心の自由、出版報道の自由、思想と結社の自由」のゆえに弾劾、破門、投獄の不運に甘んじた悲劇の聖者を甦らせた名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ラムネーはいやいや聖職者になったのか
  • カトリシズムの刷新
  • 教皇の権威の試練
  • ポーランドの危機
  • 一信者の言葉
  • 良心の権利
  • 普遍的なカトリック学
  • 理性と信仰
  • キリスト・イエズス
  • 神は愛である
  • 真の寛容精神
  • 人間性の擁護者ラムネー
  • テキスト抄
  • 年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラムネーの思想と生涯
著作者等 Le Guillou, Louis
伊藤 晃
ル・ギュー ルイ
書名ヨミ ラムネー ノ シソウ ト ショウガイ
書名別名 Lamennais

Ramune no shiso to shogai
出版元 春秋社
刊行年月 1989.2
ページ数 180, 4p
大きさ 20cm
ISBN 439321708X
NCID BN03469801
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89027874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想