日時計の原理と作り方

関口直甫 著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 日時計とはどんなものか
  • 1. 便利な日時計 / 4
  • 2. 日時計の歴史 / 6
  • 3. 日時計の精度 / 12
  • 第2章 太陽の運動
  • 1. 地球と太陽との関係 / 15
  • 2. 地球から見た太陽の運動 / 19
  • 3. 経度と緯度 / 25
  • 4. 時差 / 28
  • 5. 日本標準時 / 33
  • 6. まとめ / 34
  • 第3章 平面型日時計の作り方
  • 1. 平面型日時計の原理 / 35
  • 2. 平面型日時計の目盛の作り方 / 39
  • 3. 平面型日時計の設計と製作 / 47
  • 4. 平面型日時計の置き方と調整のしかた / 51
  • 第4章 壁型日時計の作り方
  • 1. 壁型日時計とは / 55
  • 2. 壁型日時計の原理(壁が真南をむいている場合) / 56
  • 3. 壁型日時計の原理(壁が真南をむいていない場合) / 60
  • 4. 壁型日時計の目盛の作り方 / 62
  • 5. 壁型日時計を作る時の注意 / 64
  • 6. 壁の方向のはかり方 / 66
  • 第5章 円環型日時計の作り方
  • 1. 円環型日時計の原理 / 69
  • 2. 円環型日時計の作り方 / 70
  • 3. 円環型日時計を作る時の注意 / 72
  • 第6章 柱型日時計の作り方
  • 1. 柱型日時計の原理 / 73
  • 2. 円錐曲線 / 74
  • 3. 柱の先端の影の運動 / 78
  • 4. 柱型日時計の目盛線の作り方 / 81
  • 5. 時差の補正をした柱型日時計 / 84
  • 6. むすび / 87

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日時計の原理と作り方
著作者等 関口 直甫
書名ヨミ ヒドケイ ノ ゲンリ ト ツクリカタ
シリーズ名 楽しい理科教室 ; 39
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 昭和31
ページ数 88p 図版
大きさ 22cm
NCID BA36682595
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45025488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想