診断とME : 人体を測って診断を考える

岡島光治 著

[目次]

  • 1 はじめに 計測ってなあーに?-診断ってなあーに
  • 2 正常値の概念-その考え方と実例
  • 3 人体の計測-生身を測る
  • 4 時間軸情報の描き方と診断-記録曲線の意味と取扱い
  • 5 画像情報の作り方と診断-"目に物を見せる"には
  • 6 患者の連続監視-寸時も目を放さない観察
  • 7 診断の論理-病気の見立ての筋道
  • 8 病院・医院の情報システム化-効率と精度の向上を目指して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 診断とME : 人体を測って診断を考える
著作者等 岡島 光治
書名ヨミ シンダン ト エムイー
シリーズ名 医用工学シリーズ 7
出版元 コロナ社
刊行年月 1989.2
ページ数 190p
大きさ 22cm
ISBN 4339070262
NCID BN03272294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89024198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想