伊藤圭介

杉本勲 著

化政期から明治中期までの1世紀を、わが国在来の実証的学問の集大成と、その近代化への橋渡しに終始挺身して止まなかった日本植物学の始祖、伊藤圭介の生涯こそは、まさに烈々たる科学的精神を内にたたえつつ、平和に生きぬいた知識人の典型にほかならない。この忠実な人間像によって、今日の文化人の生き方にも必ずや大きな示唆を与えよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 生いたち
  • 第2 修学
  • 第3 町医より藩医へ
  • 第4 本草学者として
  • 第5 幕末期蘭学者としての多面活動
  • 第6 老植物学者として
  • 第7 晩年のいとなみ
  • 第8 後継者
  • 伊藤家系図
  • 略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊藤圭介
著作者等 日本歴史学会
杉本 勲
書名ヨミ イトウ ケイスケ
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1988.12
版表示 〔新装版〕
ページ数 361p
大きさ 19cm
ISBN 4642051430
NCID BN01215325
BN0288180X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89022555
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想