日本のガラス

宮崎雄一郎 著

[目次]

  • 目次
  • 1 ガラスとわれわれの生活 / 9
  • 2 ガラスの発達 / 12
  • 一 ガラスのはじめ
  • 二 ローマのガラス
  • 三 ベニスのガラスの生いたち
  • 四 ガラスつくりの発達
  • 五 産業革命とガラス工業
  • 六 二〇世紀のガラス工業
  • 3 日本のガラスの生いたち / 28
  • 一 ガラスの遺跡と渡来の道すじ
  • 二 上代のガラスつくり
  • 三 徳川時代のガラス工業
  • 四 明治時代のガラス工業
  • 五 第一次世界大戦後のガラス工業
  • 4 ガラスの科学 / 54
  • 一 名前の由来
  • 二 ガラスの性質
  • 5 ガラスの成分 / 70
  • 一 ガラスの成分
  • 二 おもなガラスの原料
  • 三 ガラスの分類
  • 6 ガラスの製造 / 80
  • 一 ガラスのつくり方
  • 二 原料の調合
  • 三 溶融(溶解)
  • 四 成型
  • 五 徐冷
  • 六 加工
  • 七 光学ガラス
  • 八 ガラス繊維のつくり方
  • 7 ガラスの製品 / 114
  • 一 板ガラス
  • 二 型板ガラス、網入り板ガラス
  • 三 ガラスびんと食器
  • 四 ガラスの工芸品
  • 五 電球
  • 六 真空管
  • 七 照明器具
  • 八 理化・医療用ガラス
  • 九 温度計、湿度計
  • 一〇 眼鏡ガラス
  • 一一 光学ガラス
  • 一二 ガラス繊維
  • 一三 時計ガラス
  • 一四 多泡ガラス
  • 一五 建築用ガラス
  • 一六 装飾用ガラス
  • 一七 その他の製品
  • 8 日本のガラス工業の特徴 / 203
  • 一 板ガラス工業
  • 二 ガラス製品
  • 三 光学ガラス
  • 四 ガラス繊維
  • 9 ガラス工業につくした人びと / 214
  • 一 石塚岩三郎
  • 二 島田孫市
  • 三 岩崎俊弥
  • 四 不破橘三
  • 五 高松亭
  • 六 中村文夫
  • 10 日本のガラス年表 / 226
  • さくいん / 232
  • グラビール工芸ガラスの製造(表紙)
  • ガラス器具を使っての化学実験(裏表紙)
  • タイの首都、バンコクの黄金寺にある、めずらしい仏像のステンド・グラス(原色版印刷)-著者撮影
  • 1 ロール・アウト式板ガラスの製造
  • 2,3 レンズができるまで
  • 4 宝冠にかがやくるり玉(ガラス玉)
  • 5 クリスタル・ガラスのシャンデリア
  • 6,7 人口吹きの細足コップの製造
  • 8 オートメーション化された、製びん機とコップ製造機
  • フルコール式板ガラス製造設備(表見返し)
  • 最新式自動コップ製造機(裏見返し)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本のガラス
著作者等 宮崎 雄一郎
書名ヨミ ニホン ノ ガラス
書名別名 Nihon no garasu
シリーズ名 少年産業博物館 ; 15
出版元 ポプラ社
刊行年月 昭和33
ページ数 231p 図版
大きさ 22cm
NCID BN09921640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45025969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想