不適応と臨床の社会心理学

M.R.リアリー, R.S.ミラー 著 ; 安藤清志 ほか訳

社会心理学の中心的なトピックスや視点が、ある種の心理的障害をよりよりく理解するためにいかに役立つかを示すことが、全体を通じてのわれわれの目標である。そのために、社会心理学の興味ある領域から幅広く話題を選び出した。原因帰属、社会的認知、印象操作、人間関係、自己、態度変化、期待効果、自尊心などが、そのうちの中心的なものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 対人過程を起源とする不適応行動(帰属過程
  • 帰属、コントロールの知覚、抑うつ
  • 自己の過程と行動的問題
  • 不適応行動の自己提示的側面
  • 対人関係における不安と抑制
  • 対人関係の障害)
  • 第2部 心理的問題の診断と治療における対人過程(臨床的推論
  • カウンセリングと心理療法における社会的影響モデル
  • 行動変化に伴う心理的変化
  • 期待と行動変化
  • その他の関連領域と問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不適応と臨床の社会心理学
著作者等 Leary, Mark R
Miller, Rowland S
国分 康孝
安藤 清志
ミラー ロウランド・S.
大坊 郁夫
渡辺 浪二
リアリー マーク・R.
書名ヨミ フテキオウ ト リンショウ ノ シャカイ シンリガク
書名別名 Social psychology and dysfunctional behavior
出版元 誠信書房
刊行年月 1989.1
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 441430265X
NCID BN03039813
BN04883963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89021068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想