宮本百合子評論選集  第1

[目次]

  • 目次
  • 文藝評論〔一九四五-一九五一〕
  • 新日本文學の端緖 / 3
  • よもの眺め / 3
  • 歌聲よ、おこれ-新日本文學會の由來- / 6
  • 生活においての統一 / 11
  • 「どう考へるか」に就て / 12
  • 民主戰線と文學者 / 16
  • 春桃 / 16
  • 婦人の創造力 / 25
  • 今日の生命 / 38
  • 新世界の富 / 40
  • ある回想から / 43
  • 現代の主題 / 49
  • ゴルバートフ「降伏なき民」 / 59
  • 俳優生活について / 60
  • 誰のために-インテリゲンツィアと民主主義の課題 / 63
  • 一九四六年の文壇-新日本文學會における一般報吿 / 68
  • 明日咲く花 / 90
  • 作家の經驗 / 91
  • 政治と作家の現實 / 102
  • 明日の知性 / 118
  • 商賣は道によつてかしこし / 123
  • 婦人の生活と文學 / 126
  • 女性の歷史-文學にそつて / 127
  • 小說と現實-小澤淸の「軍服」について / 145
  • ディフォーメイションへの疑問 / 147
  • 作品と生活のこと / 149
  • 眞夏の夜の夢 / 150
  • 復活 / 153
  • デスデモーナのハンカチーフ / 154
  • 兩輪-創造と評論活動の問題 / 156
  • プロレタリア文學の存在 / 163
  • 第一回日本アンデパンダン展批評 / 165
  • 一九四七・八年度の文壇-文學における昨年と今年 / 169
  • 新しい文學の誕生-若い人に贈る / 173
  • 慰みの文學 / 178
  • 自我の足かせ / 179
  • 世紀の「分別」 / 181
  • 生きつつある自意識 / 184
  • 三年たつた今日-日本の文化のまもり / 188
  • 戰爭と婦人作家 / 193
  • ワンダ・ワシレーフスカヤ / 194
  • 「勞働戰線」小說選後評 / 195
  • なぜ、それはさうであつたか-歷史・傳記について / 196
  • 平和運動と文學者-一九四八年十二月二十五日、新日本文學會主催「文藝講演會」における講演 / 200
  • 小林多喜二の今日における意義 / 213
  • 討論に卽しての感想-新日本文學會第四回大會最終日に / 214
  • 事實にたつて-一月六日アカハタ「火ばな」の投書について / 227
  • 河上氏に答へる / 229
  • その柵は必要か / 230
  • 作家は戰爭挑發とたたかふ / 242
  • 脈々として / 244
  • 「現代日本小說大系」刊行委員會への希望 / 245
  • 鉛筆の詩人へ / 245
  • ことの眞實 / 247
  • 「ヒロシマ」と「アダノの鐘」について / 253
  • 孫悟空の雲-「近代文學」十月號平野謙氏の評論について / 255
  • 壺井榮作品集『曆』解說 / 259
  • 文學と生活 / 262
  • 病菌とたたかふ人々 / 276
  • 五月のことば / 278
  • 現代文學の廣場-創作方法のこと・そのほか / 279
  • 心に疼く欲求がある / 288
  • しかし昔にはかへらない / 298
  • 日本の靑春 / 304
  • 傷だらけの足-ふたたび純潔について / 306
  • 「下じき」の問題-こんにちの文學への疑ひ / 315
  • 人間性・政治・文學(1)-いかに生きるかの問題 / 323
  • 「健康會議」創作選評 / 332
  • 歌集『仰日』の著者に / 334
  • 「道標」を書き終へて / 335
  • 婦人作家 / 342
  • 解題 / 367
  • 解說・佐藤靜夫 / 372

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宮本百合子評論選集
著作者等 宮本 百合子
書名ヨミ ミヤモト ユリコ ヒョウロン センシュウ
書名別名 文芸評論 : 1945-1951

Miyamoto yuriko hyoron senshu
巻冊次 第1
出版元 新日本出版社
刊行年月 1964
ページ数 375p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
57012985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想