大岡政談

[目次]

  • 目次
  • 第一話 天一坊
  • 乳母から聞いた身の上 / 7
  • 大岡、若さまを召捕る / 16
  • 天下御免の巾着切り / 23
  • 将軍自ら願人となる / 25
  • 因果や、赤ン坊の死 / 31
  • 奸智!他殺と見せかけた老婆の死体 / 34
  • 毒殺!自殺!周到なからくり / 40
  • あわや戒行の命は風前の灯火 / 42
  • はじめて落胤を名乗る / 45
  • 陰謀の第一歩 / 49
  • 天忠坊に面会いたす / 55
  • 伊賀亮、一味に加わる / 59
  • 計画順調にすゝむ / 65
  • 天一坊江戸へ乗り込む / 70
  • 『ヒョッとしたら……』と越前守 / 72
  • 越前守に閉門申しつく / 79
  • 思案にくれる主従三人 / 83
  • 不浄門の籠ぬけ / 90
  • 大岡越前、覚悟の上申 / 94
  • 主税の頓智で開門す / 100
  • 水戸公早朝の御登城 / 104
  • ぬかりなき捕り方の陣 / 110
  • 天一坊、下におれッ / 112
  • 伊賀亮と決死の対決 / 116
  • 大岡をおそれる伊賀亮 / 126
  • 二挺の早駕籠紀州へ飛ぶ / 129
  • 取調べは難航また難航 / 133
  • 坊主の口から初光をつかむ / 142
  • ようやく正体の目星つく / 148
  • 越前守切腹を覚悟す / 156
  • 紀州調べの使者帰る / 160
  • 越前は天下の名奉行 / 165
  • むじなと狸のだまし合い / 169
  • 八ツ山仮御殿、祝いの宴 / 172
  • 一網打尽!悪の華散る / 179
  • 第二話 音羽丹七
  • 恋のさや当て三ツ巴 / 188
  • 喜蔵の無理難題 / 194
  • 先を越して丹七を勘当 / 202
  • 何だい、その悪口三味! / 209
  • 一難去つて又一難 / 215
  • 彥兵衛があやしい / 218
  • 伝助、越前守をへこます / 230
  • おとわ姐さんの心意気 / 239
  • 番頭彥兵衛の変死 / 243
  • 新吉原から急の使 / 248
  • 泥棒は上か下か / 252
  • 褌で喜蔵を縛る / 255
  • はて?この煙草入れは / 260
  • 慾に目がくらんだ熊吉の刄 / 265
  • 宙に迷う名刀の行方 / 268
  • これはしたり、薩摩家の抗議 / 271
  • 八代さまも臨席して大評定 / 274
  • 名判決で大団円 / 280

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大岡政談
著作者等 大日本雄弁会講談社
書名ヨミ オオオカ セイダン
シリーズ名 講談名作選 ; 第2
出版元 大日本雄弁会講談社
刊行年月 1958
ページ数 286p
大きさ 18cm
全国書誌番号
58007357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想