ゴンベッサよ永遠に : 幻の化石魚シーラカンス物語

末広陽子 著

ゴンベッサとは、シーラカンスのコモロ語で"幸運"を意味する。三億年前に地球に現われ、七千万年前に絶滅したはずの化石魚が、なんとアフリカの深海に生きていた!魚博士末広恭雄氏を中心とするシーラカンス学術調査隊による日本の第1号補獲が1981年、ついで86年には世界で初めて海中遊泳の撮影に成功した。本書は、発見のいきさつから日本隊の活躍まで、故末広恭雄博士の令嬢が鎮魂の思いをこめて綴る科学ドキュメントである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 この奇妙な魚はいったい何?
  • 第2章 魚博士と映画製作者との出会い
  • 第3章 シーラカンスの戸籍と素性
  • 第4章 日本の学術調査隊コモロへ
  • 第5章 "幻の化石魚"の捜索活動を開始
  • 第6章 フランス人オラガレイ氏の登場
  • 第7章 日本隊の帰国寸前に釣れた大物
  • 第8章 ゴンベッサよ永遠に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴンベッサよ永遠に : 幻の化石魚シーラカンス物語
著作者等 末広 恭雄
末広 陽子
書名ヨミ ゴンベッサ ヨ エイエン ニ
出版元 小学館
刊行年月 1988.12
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4092900813
NCID BN02945345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89013115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想