HELP(House in Emergency of Love and Peace)から見た日本

大島静子, キャロリン・フランシス 著

日本キリスト教婦人矯風会がアジアの女性たちのために開いたかけこみセンターHELP(ヘルプ:House in Emergency of Love and Peace)へ命がけで逃げてきた、フィリピン、タイ、オーストラリア、メキシコ、アフリカの女性たち、彼女たちはこの国になにを期待して来たのか。そして得たものはなんであったのか、女性蔑視、民族的偏見と差別、外国人労働者を締め出す閉鎖性とそこから派生する人権無視の状態、その中にかろうじて光る、個人的好意のいくつか…。HELPから見える日本とは、どんな所か。それは、私たちとどのような関係にあるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 勇気ある女性たちとの出会い(フロラは夢を実現させた
  • ピアナンの残した課題
  • レナの幸福について
  • マリの代わりに
  • ミナの強さ ほか)
  • 2部 HELPから見た日本(「何故、日本で働いてはいけないのか?」
  • HELPの食堂で
  • 妊娠・出産をめぐって
  • セクシャル・ハラスメントについて
  • 人身売買産業が成り立つわけ
  • HELPにできることは何か
  • HELP誕生までの一世紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 HELP(House in Emergency of Love and Peace)から見た日本
著作者等 Francis, Carolyn
大島 静子
フランシス キャロリン
書名ヨミ ヘルプ ハウス イン イマージェンシー オブ ラブ アンド ピース カラ ミタ ニホン
書名別名 Herupu hausu in imajenshi obu rabu ando pisu kara mita nihon
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1988.12
ページ数 273p
大きさ 19cm
ISBN 4022559411
NCID BN03084374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89011873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想