もういやだ : 原爆の生きている証人たち

長崎原爆青年乙女の会 編

[目次]

  • 目次
  • はじめに・木野普見雄
  • 第一部 午前十一時二分
  • 直美と生きる・江頭千代子 / 1
  • 死んではならない・吉田勝二 / 11
  • 耳に沁みわたる声・下平作江 / 15
  • 還らぬ姉・前川誠 / 22
  • 真つ白な骨の海・宮本スミエ / 25
  • 青い空の何処かで・永江シズ子 / 34
  • 第二部 生命ある草
  • 1. 虐げられた命
  • 病室の片隅から・深田久市 / 45
  • 内部を破壊するもの・森秀雄 / 51
  • 病床より・荒木勝一 / 62
  • 2. 十一年目の夏
  • 原爆より今日まで・岩永伊八郎 / 64
  • 心の中のうたごえ・永田尙子 / 68
  • 白血病を病んで・江口紀久子 / 74
  • 3. いけにえはもうたくさんだ
  • もう原爆はイヤだ・田崎凉 / 78
  • 魔の光のために・岩永昭男 / 83
  • 失われた子ら・森キクエ / 86
  • いけにえはもう沢山!!・小幡悦子 / 88
  • 傷あとは一生消えない・戸高喜代子 / 90
  • 十一人の家族を奪われて・山口キクエ / 92
  • 花火などなんで見ることができよう・斉藤花枝 / 94
  • あの日の太陽・本村七子 / 95
  • 生命ある草・永富郁子 / 98
  • 4. 子らの訴え
  • 生きてきた十一年・脇浜文子 / 102
  • 愛しき子のために・小佐々よし / 106
  • 原爆学級から・加藤良子 / 111
  • 世界の平和・正木武 / 113
  • おとうさんをかえしてください・山口須美子 / 115
  • お父さんが生きていたら・山口柳実子 / 117
  • 第三部 生きていてよかつた
  • 1. 生きていてよかつた
  • 十一年の証言・渡辺千恵子 / 119
  • ある母の手紙・馬場サノ / 142
  • 呪わしい日にねがう・片岡律子 / 144
  • 2. 世界大会によせる
  • 私たちの願い・斉藤昌彥 / 146
  • 生活の保証を・谷口義晴 / 148
  • 真実に目をつむらないで・谷口すみえ / 149
  • これでよいのか・花園松子 / 151
  • 幸せは国境を越えて・井戸ケイ子 / 152
  • 3. 平和へ手をつなぐ母
  • 世界母親大会に出席して・山口美代子 / 153
  • 詩・原爆をつくる人々に・福田須磨子 / 161
  • あとがき・長崎原爆青年乙女の会 / 165

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 もういやだ : 原爆の生きている証人たち
著作者等 長崎原爆青年乙女の会
書名ヨミ モウ イヤダ : ゲンバク ノ イキテイル ショウニンタチ
出版元 原水爆禁止世界大会長崎実行委員会
刊行年月 1956
ページ数 167p
大きさ 19cm
NCID BA59999819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57000218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想