岩波講座日本の音楽・アジアの音楽  第4巻 (伝承と記録)

蒲生郷昭 ほか編

時間芸術の宿命、記憶にどんな手段を与えて人は歌や奏法を伝えてきたか。口頭伝承或いは、文字伝承に生きられ語りつがれた、遥かな楽の現前。

「BOOKデータベース」より

時間芸術の宿命、記憶にどんな手段を与えて人は歌や奏法を伝えてきたか。口頭伝承或いは、文字伝承に生きられ語りつがれた、遥かな楽の現前。反復する音のかたち。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 音楽の伝承と記録
  • 雅楽古譜とその解読における諸問題-主として琵琶譜について
  • 公家と地下楽家における音楽伝承
  • 声明の楽譜と記譜法の変遷
  • 非盲人社会における平曲の享受と楽譜の校合
  • 三味線の伝承と流派-豊後系浄瑠璃の場合
  • 箏三味線音楽の楽譜出版と記譜体系
  • 中国音楽の記譜体系
  • ポリネシア音楽の伝承とハナシの伝承
  • タイ少数民族における音楽伝承-スコー・カレン族の事例を中心として
  • インド音楽舞踊劇の伝統における化粧-南インド・ケーララの古典舞踊劇を例として
  • 西アジア音楽における口伝と書伝
  • 「唱歌」という用語に関する諸問題-とくに歴史的用語法の観点から
  • 騒音の記号学

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 音楽の伝承と記録(平野健次・山口修)
  • 雅楽古譜とその解読における諸間題-主として琵琶譜について(スティーヴン・G・ネルソン)
  • 公家と地下楽家における音楽伝承(磯水絵)
  • 声明の楽譜と記譜法の変遷(新井弘順)
  • 非盲人社会における平曲の享受と楽譜の校合(薦田治子)
  • 三味線音楽の伝承と流派-豊後系浄瑠璃の場合(竹内道敬)
  • 箏三味線音楽の楽譜出版と記譜体系(久保田敏子)
  • 中国音楽の記譜体系(増山賢治)
  • ポリネシア音楽の伝承とハナシの伝承(山本真鳥)
  • タイ少数民族における音楽伝承-スコー・カレン族の事例を中心として(内田るり子)
  • インド音楽舞踊劇の伝統における化粧-南インド・ケーララの古典舞踊劇を例として(峰岸由紀)
  • 西アジア音楽における口伝と書伝(水野信男)
  • 「唱歌」という用語に関する諸問題-とくに歴史的用語法の観点から(千葉潤之介)
  • 騒音の記号学(山口昌男)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座日本の音楽・アジアの音楽
著作者等 Nelson, Steven G.
久保田 敏子
内田 るり子
千葉 潤之介
増山 賢治
山口 修
山口 昌男
山本 真鳥
峰岸 由紀
平野 健次
徳丸 吉彦
新井 弘順
柴田 南雄
横道 万里雄
水野 信男
磯 水絵
竹内 道敬
蒲生 郷昭
薦田 治子
蒲生郷昭ほか
書名ヨミ イワナミ コウザ ニホン ノ オンガク アジア ノ オンガク
書名別名 伝承と記録
巻冊次 第4巻 (伝承と記録)
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.9
ページ数 327p
大きさ 22cm
ISBN 4000103644
NCID BN0261568X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89008653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想