自然科学の基礎としての微積分

加古孝 著

本書では、自然理解にとって欠かせない手段である微分と積分について、それらの因ってきた起源である自然現象との関係をできる限り明確にすることを心がけながら説明していく。また微分積分とともに勉強していくことが多い線型代数との関係についても明確になるよう説明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 数とその性質
  • 2 数列と極限、級数の性質
  • 3 関数とその性質
  • 4 微分法とその応用
  • 5 積分法とその応用
  • 6 ベクトル解析の基礎
  • 7 自然現象と微積分

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然科学の基礎としての微積分
著作者等 加古 孝
森 毅
書名ヨミ シゼン カガク ノ キソ ト シテノ ビセキブン
書名別名 Shizen kagaku no kiso to shiteno bisekibun
シリーズ名 すうがくぶっくす 1
出版元 朝倉書店
刊行年月 1988.10
ページ数 148p
大きさ 21cm
ISBN 4254114613
NCID BN0278703X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89007080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想