住友家の家訓と金融史の研究

宮本又次 著

[目次]

  • 第1章 住友の家訓と家法
  • 第2章 明治維新と住友家の家政改革
  • 第3章 明治前期の住友家の家法と家憲
  • 第4章 入江友俊の業績と『勤方帳』
  • 第5章 住友家両替業の開始と金銀御為替御用達
  • 第6章 近世後期における住友家の公用金融
  • 第7章 住友家の商用貸付
  • 第8章 江戸における住友家の金融業
  • 第9章 金銀貨の引替業務と住友家
  • 第10章 住友の並合業と岡素男
  • 第11章 泉屋銀行について
  • 第12章 財閥解体と住友家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 住友家の家訓と金融史の研究
著作者等 宮本 又次
書名ヨミ スミトモケ ノ カクン ト キンユウシ ノ ケンキュウ
出版元 同文館
刊行年月 1988.8
ページ数 308p
大きさ 22cm
ISBN 4495422111
NCID BN0261169X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88056126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想