減税か増税か : 新消費税で暮らしはどうなる

行財政総合研究所 編

[目次]

  • 1 政府・自民党は、税制をどう変えようとしているか("竹下流"増税戦略を読む
  • 政府税制調査会「中間答申」のウソを斬る
  • 難産の末生まれた自民党「税制抜本改革大綱」)
  • 2 「減税・増税」があなたにもたらすもの(もう国民はダマされない
  • だれのための減税か
  • 新消費税の生活への影響
  • 地方財政と税務行政への影響
  • ズバリ!大衆増税)
  • 3 消費税<新大型間接税>の基礎知識(大型間接税を分類する
  • 多段階課税方式のいろいろ
  • 政府提案の消費税のしくみを知る)
  • 4 「税制抜本改革」のかくされた背景(税制改革を国際的にみる
  • 政府・自民党の「宣伝」への反論
  • 軍拡と大企業本位の財源づくり)
  • 5 国民主権にもとづく税制改革理念(憲法から税制論議を考える
  • 新消費税を検討する)
  • 6 私たちの提言-国民本位の財政再建(税・財政の現状と私たちの考え方
  • 確保できる10兆円以上の財源の内訳)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 減税か増税か : 新消費税で暮らしはどうなる
著作者等 北野 弘久
小沢 辰男
行財政総合研究所
谷山 治雄
全国税税研中央推進委員会
村上 晴男
書名ヨミ ゲンゼイ カ ゾウゼイ カ
書名別名 Genzei ka zozei ka
出版元 労働旬報社
刊行年月 1988.8
ページ数 143p
大きさ 19cm
ISBN 4845100851
NCID BA90050189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88055109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想