意味への渇き

竹内芳郎 著

人類にとって宗教とは何か。旧石器時代から現代まで、抑圧された<ケガレ>が輝くとき、宗教に何が起ったのか。-独自の記号学的見地から考察する渾身の書下ろし700枚。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 宗教表象の構造転換(原始宗教
  • 国家宗教
  • 萌芽する普遍宗教
  • ゾロアスター教
  • 仏教
  • 儒教
  • 道家思想・道教
  • キリスト教
  • イスラーム教)
  • 第2部 付論(日本における宗教表象の特質
  • 現代の新・新宗教
  • 天皇制的心性=<天皇教>
  • 仏教伝来の基本パターン
  • 鎌倉仏教の革命性とその限界
  • 宗教とマルクス主義-「解放の神学」を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意味への渇き
著作者等 竹内 芳郎
書名ヨミ イミ エノ カワキ
書名別名 宗教表象の記号学的考察

Imi eno kawaki
出版元 筑摩書房
刊行年月 1988.6
ページ数 389p
大きさ 20cm
ISBN 4480841865
NCID BN02599925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88052579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想