子どもの隣り

灰谷健次郎 著

死の影に脅える少女が、心臓手術を決意するまでを描く「燕の駅」。毎日曜日、1日だけの家出を繰り返す少年を通し、現代の子どもの孤独に迫る「日曜日の反逆」。教室の退廃に中学生たちの眼が鋭く注がれる「友」。そして、4歳の男の子の目に映る様様な人生の断片を描く表題作「子どもの隣り」。現代に生きる子どもたちが持つ孤独と不安を、しなやかに映し出した四つの宝石のような物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの隣り
著作者等 灰谷 健次郎
書名ヨミ コドモ ノ トナリ
書名別名 Kodomo no tonari
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1988.7
ページ数 198p
大きさ 15cm
ISBN 4101331073
NCID BN06087812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88052149
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想