スペクタクルの感性 : パリの街角に演劇をさぐる

風間研 著

パリ通のフランス文学者が、パリで話題の芝居を紹介しながら、ほんとうの演劇のおもしろさとは何かを語り、また舞台の向うに浮かんでくる本音のフランスの姿について考える書き下ろしエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 怒れる若者たち、ふたたび
  • 野良猫たちの明日
  • ベルエポックへの郷愁
  • 檻のなかの観客たち
  • 反演劇の構図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スペクタクルの感性 : パリの街角に演劇をさぐる
著作者等 風間 研
書名ヨミ スペクタクル ノ カンセイ
書名別名 Supekutakuru no kansei
出版元 河出書房新社
刊行年月 1988.7
ページ数 199p
大きさ 20cm
ISBN 4309005136
NCID BN02914352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88051931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想