戦乱の日本史 : 合戦と人物  第2巻

村井 康彦【編】

[目次]

  • 概説 坂上田村麻呂の蝦夷征討から後三年の役まで
  • まつろわぬものたち(坂上田村麻呂と蝦夷征討
  • 征夷大将軍)
  • 王朝の動揺(薬子の変
  • 防人の終焉と対新羅関係)
  • 将門の乱・純友の乱(平将門の乱
  • 藤原純友の乱
  • 平忠常の乱
  • 説話集のなかの武勇士)
  • 陸奥の武士団(前九年の役
  • 後三年の役)
  • 都の侍、鄙の武者-(都の侍、鄙の武者-摂関家と武者
  • 武士の浄土信仰)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦乱の日本史 : 合戦と人物
著作者等 中原 俊章
倉住 靖彦
北 啓太
工藤 敬一
朧谷 寿
杉橋 隆夫
村井 康彦
桑原 滋郎
梶原 正昭
滝浪 貞子
福田 豊彦
西山 恵子
高橋 崇
書名ヨミ センラン ノ ニホンシ
書名別名 平安王朝の武士
巻冊次 第2巻
出版元 第一法規
刊行年月 1988.6
ページ数 158p
大きさ 31cm
ISBN 4474101324
NCID BN02483024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88050049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
平安王朝の武士 村井康彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想