思いやり

吉田義昭 著

昭和60年9月、喉より30メンチ近い食道の奥に、悪魔の病巣が確認され、私はとうとう食道切除という大手術を受けることになった。再び目覚めたのは、手術を終わって5日目の朝であった。私の目にはいっぱいの涙が溢れ、その向こうに朝空が、七色の虹をとかしたように、こよなく美しく見えた。「生きてる。生きているぞ!」この感動を誰かに話したい、生きている証しを1人でも多くの人びとに話したいと思った。ともに病魔と闘い、死んでいった名もない戦友たちの「生きたいなあ」という叫び-私は生あるうちに、なお彼らの思いを受け継いで、書き続けなければならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 花語(はながたり)
  • 2 風語(かぜがたり)
  • 3 夢語(ゆめがたり)
  • 4 陽語(ひなたがたり)
  • 5 傷語(いたみがたり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思いやり
著作者等 吉田 義昭
書名ヨミ オモイヤリ
書名別名 いのちのスケッチ

Omoiyari
出版元 サイマル出版会
刊行年月 1987.8
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 4377407538
NCID BN13094964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88048318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想