なにわざを。われはしつつか。 : 教育社会学と私

清水義弘 著

[目次]

  • 1 東大社会学科-日中戦争への待命期間
  • 2 東京第三師範・東京学芸大-教育社会学との出会い
  • 3 草創期の教育社会学-だれが主導権を握ったか
  • 4 教育科学論争-学問の正統性のために
  • 5 東大教育学部-民間教育運動のメッカで
  • 6 経済審議会と中教審-教育政策との出会いと別れ
  • 7 講義を終えて-残った仕事、残した仕事
  • 8 上智大学へ移る-10年1日のごとく、そして
  • 昭和62年度教育社会学講義案「子供、学校、社会-定点観測40年」
  • 大学は生き残れるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なにわざを。われはしつつか。 : 教育社会学と私
著作者等 清水 義弘
書名ヨミ ナニワザ オ ワレ ワ シツツカ
出版元 東信堂
刊行年月 1987.11
ページ数 200p
大きさ 20cm
NCID BN01553907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88046167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想